*春の豊かな食材

 

春、畑の冬野菜の大根やニンジン、アブラナ科の野菜達は塔立ちし始め、お花畑となるのだが、夏野菜が成り始めるまでは食材となる野菜が少なくなる。

 

春の野菜と言えばウチではアスパラ、スナップエンドウ、絹さや、ニラ、などで種類は少なく、そればかりでは飽きてしまう。

肥料分をほとんど入れないウチの畑では、春キャベツはあまり大きく巻かないし、新玉ねぎもジャガイモもあまり大きくはならないのでめったに植えないし、植えたとしても期待できない。夏野菜が成り始める6月頃まで、何を食べようかといつも考えるのだが、しかし意外と困ったことがない。

ここ淡路島は食が豊かな島で、4月になると野草や山菜などが出始める。筍は困るほど出てくるし、野蒜も美味しい季節だ。庭に植えたユキノシタも元気に大きく育ち、三つ葉やセリも沢山自生している。椎茸もいっぺんに出てくるから食べきれない。

↓ノビル

あく抜きなどの手間はあるけれど、蕗やイタドリもぐんぐん伸びてくる。取り放題だ。そしてお野菜も、地元の人達は農家でなくても沢山作っているから有り余った物を惜しげもなく分けてくださる。

↓新芽を食べるヤブカンゾウ

農家は農家で、規格外だから、と農協で受け付けられなかった野菜達が有り余り、処分に困る。B級品とはいえ、丁寧に育てたものなのに、惜しげもなく分けてくれるのだ。有りがたい事だ。

食料自給率は100%を優に超えている淡路島。ここには「食べ助けしてくれ」という方言のような言葉があって、食べきれなくて困っているから、食べるのを助けてくれ、とあげる方が貰う方に頼むという不思議な会話が交わされる。貰ってくれてありがとう、と言うのだ。

この「食べ助け」にいつも助けられ、野菜の少ない季節でも食べるものに困ったことがない。梅が欲しいと言うと梅がやってくるし、枇杷が欲しいと言うと枇杷がやってくる島なのだ。

スーパーにはなぜか、他府県のお野菜や加工品がたくさん並んでいるが、地元には溢れんばかりの海の幸、山の幸があって、まだまだ若い者には負けんぞとばかりに野菜や米を作るじいさんばあさんがいて、食も自然も人も、地域資源に溢れ、何とも豊かな島なのだ。