*自然農の草刈

 

自然農で畑を初めて7年目、畑に生えている草の種類が変化していることに気が付いた。

元々ウチの畑は私の曾じいちゃんやじいちゃんばあちゃんが野菜や米を作っていた畑で、トラクターで耕し慣行農業を営んでいた。

私の代に代わってから、耕さず、虫や草を敵としない自然農に切り替えて、草一本生えていなかった畑とはずいぶんと様子が変わってきていた。

草を敵としないと言っても、野菜を栽培するので、草に負けないように草刈するのだが、私はもともと雑草と言われる草花が好きで、草刈を好んでする方ではなかった。

なので、夏になると、背の高い草も生えてくる。草の種類もどんどん増えた。当然、野菜が草に負けることはしばしばで、野菜を栽培しているのか、草を育てているのか分からないような畑になっていた。

使っている畑の広さは5畝程で、そんなに広くはないのだが、仕事も持っていたし、田んぼを始めたり、やりたい事をやっていると畑に費やす時間が減ってきて、夏場の畑の草はもっぱら草刈り機で刈ることが多くなっていた。

そして、7年目。畑に生える草が大きくなっている。というか、大きくなる草が増えていることに気が付いたのだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えば、ギシギシ、スイバ、秋の野芥子、猫じゃらしなど数種類のイネ科の草、セイタカアワダチソウ、そしてその草の合間には、チドメグサや蛇イチゴなどの宿根草も増えていた。

そして背の低い、広葉雑草が減っている。

なぜだろう?答えは何となく想像がついた。

何年か前の現代農業という雑誌の中で、草刈は高刈りが良い、と書いているのを読んだことがあったのだ。

地際で草を刈ると、背の低い広葉雑草は成長点が上のほうにあるため、切られてしまうとそれ以後生えてくることができず、

背の高いイネ科の草は生長点が下の方で土に埋まっている事もあるので、また生えてくることができる。

結果、背の高くなる稲科の草だけが残るというのだ。

だから高刈りすることで、背の低い広葉雑草はわき目を出して分けつして広がり、イネ科の草は減ると書いてあった。

私の草刈は時間がないことを理由に地際どころか土を削るくらいに刈っていて、すぐに草が生えてこないことを狙っていたが、

結果、背の低い草は生えてくることが出来なくなり、背の高い草が増え、宿根草が生き残ったのだ。

つまり、草刈り機で刈っていると、草刈り機でないと刈れない草ばかりになったということだ。

時間がないから使っていた草刈り機を使い続けていたら、成長スピードの速い、大きな草ばかりになり、草刈の回数も増えるという悪循環を作り出していたようだ。

畑を耕す農法ならいいかもしれないが、私の畑のように耕さない畑に機械は合っていなかったのだろう。

だいたいいつもの事だが、私の勝手な都合でやっていると、

畑に不自然さをもたらし、結局時間も手間もかかる羽目になるのだ。

気づくのが遅かったかもしれないが、ありがたいことにまだまだ畑には広葉雑草もたくさん生き残っている。

自然農の川口さんはよく「分別しない」という事をおっしゃられるが、やはり、かわいらしい広葉雑草にはいてもらいたいし、

強くて背の高い草は、見ただけで根負けしてしまうこともしばしばあるので少し勢いを押さえておきたい。

耕さない自然農で畑を続けるなら、畑に生える草とも上手く付き合っていかないと、ただ苦労するだけで、野菜は全然収穫できないなんて事になりかねない。

ヘタをすると、近所のおっちゃんに除草剤をまかれる羽目にもなりかねない。

だからこの夏の草刈の方法を変更することにした。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 057-700x525.jpg です

5月に入ると夏草が芽を出し始める。

この頃の夏草はまだ小さいことと、春の草がまだ種を落としていないかもしれないのでまだ放っておく。

小さなイネ科の草は、茎が柔らかく、手で引っ張るとプチッと茎から千切れてしまう。

千切れてしまっては意味が無い。根が残っていることでまた生えてくるのだから。

そして、イネ科の草は沢山種を落としているから、かなり密集して芽を出している。ある程度ほっておくことで、勝手に自然淘汰され、本数が減っていく。

10cm程に成長したら、茎を持って引っ張れば、根っこごと引き抜くことが出来る。

土が固くて根が抜きにくい場合は鎌を土に少し刺して、根を浮かせてあげれば簡単に抜くことが出来る。

引っこ抜けたなら鎌で草の根についた土をトントンとたたき落としてから、野菜の株元に敷いておく。

土を取っておかないと、置いたところでまた立ち上がってくる。

イネ科の草は生命力が強いのだ。なめてはいけない。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 055-700x525.jpg です

そうやって、野菜の苗を植えながら、畝に生えた草を抜いていく。

草刈り機ではなく、鎌と手で草を取るというと面倒に感じるのだが、

抜いたものはもう生えては来ない。

1回こっきりの仕事なのだ。

もちろん、遅れて芽を出してくる草もあるけれど、その頃には野菜の苗も生長してくるから焦らなくても大丈夫なのだ。

これを、夏草の勢いが一番強くなる夏至の頃まで続ければ、

もう草の数はある程度制限されているし、野菜の苗は草に負けない大きさになっている。

人の眼を盗んで大きくなっている草もいるけれど、

本数が多い訳ではない。株元を見つけて引っこ抜けばいい。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 047-700x525.jpg です

もう夏至を過ぎると、気温も湿度も高くなり、手で草を引っこ抜くなんて労働は出来なくなってくる。

そして7月に入ると、今度は蟻が噛んでくる。

産卵時期の蟻は、草を取ろうとする私の手をよじ登り、必死になって腕を噛んでくるからたまったものではない。

ここでやっと草取りを諦め、成るに任せることにする。

草は全て取ればいいと言うものでもない。

去年も一昨年も、梅雨が終わってから雨が全く降らず日照りが続いた。

カラカラの畑の土を潤してくれるのは草達だった。

抜いてから土の上に敷いたものよりも、生きている草のほうが水分を保持してくれるように思う。

彼らのおかげで、あれだけの日照りであるにも関わらず、水やりの必要はなかった。

あくまでも、野菜の生長を妨げる程の草が無い状態にしてあげれば、

野菜はちゃんと草とも共生していけるのだ。

ここから後は、高くなった草を草刈り機で高刈りしていけば、

青々とした元気な姿の畑が見えてくる。

*虫の事

 

畑には、様々な虫がいる。


あまり虫の事に詳しくはないけれど、やはり野菜や米に付く虫は気になるものだ。
例えば、アブラムシ、カメムシ、ウリバエ、ウンカ、モンシロチョウの幼虫、虫ではないけれど、ナメクジ(じゃああれは何なの?)など、野菜の苗をムシャムシャ食べ尽くしたり、米を枯らしてしまう虫達だ。
ウチの畑や田んぼにもこれらの虫が大量発生したが、殺虫剤を撒くでもなく、殺すという事をしたことはない。
彼らを観察してみると、面白い習性が見えてくる。
カメムシは、人参やディルの花が咲きだすと、赤と黒の縞模様の者が集まり、花の蜜を吸っている。

そして、しし唐やピーマン等の茎には濃いグレーのカメムシが集まる。茎の養分を吸っているのだろうか。

同じカメムシでも好みが違うようで、飯を取り合うことはないようだ。

隣の田んぼのおっちゃんは、農家なのにカメムシを見たことがなかったようで、ウチの人参の花に付いているカメムシを見て、

「この虫は何や?」と聞いてきた。

「これはカメムシだ。」と答えると、驚いた顔をして

「これカメムシか!?こんなんおったらウチの米吸われてまうやないかー!」と焦っていた。

人参の花に付くカメムシは米にはつかないという事も知らないようだった。

ウリバエは、ウリ科の苗の新芽や若い本葉を食べ尽くしてしまう嫌な子だ。

ウリ科の苗を植えると途端にどこからともなくやって来る。

だから、若い苗を守るため、肥料袋などで行燈を作り隠すという事をする。

彼らは臭いを嗅ぎつけるのか、それとも何処かから見ているのか?

不思議に思うのだが、どうやら彼らは目で確認しているようで、行燈を透明のビニールで作るとバレて中に入り、苗を食べられてしまったが、枯草などで周りを囲んで隠してみるとバレずに食べられなかった。

 

←枯草行燈。

鳥の巣のようであるが、

中には若い苗が隠されている。

 

 

 

 

 

 

 

苗がこれくらいになれば、

もう大丈夫だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナメクジも、野菜に好みはあるが、新芽を食べ尽くしてしまう嫌われ者だ。

アブラナ科やピーマン、しし唐などの新芽は好んで食べた。

いつまで経っても芽が出てこないな、と思っていたらこの子らが食べ尽くしてしまっていることはよくあった。

だから、ナメクジが好む野菜の種はポットで蒔いて管理し、ある程度大きくなってから畑に植えることにした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

枯草を剥ぐとナメクジはテロンと横たわり、無力そうに見せかけているが、何を考えて生きているのだろう、何の為にここにいるのだろう、と考えてしまう存在だ。

米の収穫前の秋になると、ウンカという虫が大量発生することがある。

彼らは米の茎にびっしり付いて、米の養分を吸いつくし、枯らしてしまう。

小さな小さなハエのような姿の虫なのに、立派に育った米でも数日で枯らしてしまうほどの力を持っている、凄い奴だ。

彼らが大量発生しても殺虫剤を撒くわけにもいかないので、木酢を撒く。

臭いを嫌って何処かに行ってくれるので、収穫まではこれで何とかしのいだ。

けれど、田んぼの周りにたくさんのウンカが飛んでいるにも関わらず、米に何の被害もない年があった。どういう違いなのだろうか。

自然農の畑をしていると、こぼれ種で沢山芽を出すものがいる。

かなり密に芽を出すので、虫に食べられる事で間引かれ、ちょうど良くなるのだろう。野菜も虫に食べられる事を計算して、沢山の種を落とすのだろうか。

栄養過多な畑や田んぼで育つ野菜や米は、きっと人間で言うところの肥満体だ。

栄養過多になった体の不要な養分を虫達は吸ってくれているのかもしれない。天然のデトックスだろうか。

そして、命が終わった動植物も、虫や菌が食べて分解して土に還る。

自然界で起こることは必ず、全て上手くいっているハズだ。そこに人の手や心が入ると悲しいかな不自然になる。だから厄介なのは実は人間の方なのだ。

もう少し様子を見てみよう、と気長に考えてみる。答えはこの畑や田んぼの中にあるハズなのだ。

*納豆になった醤油麹

 

2014年、若杉ばあちゃんの娘さん夫婦が醤油作りワークショップをしていると友人から誘われ、参加することになった。

淡路島の仲間10家族ほどで共同で醤油を仕込むことになり、1年かけてお世話をし醤油を作った。

その時は、醤油麹を購入して仕込んだので、梅雨時にカビが生えたりはしたが、大きな失敗もなく作ることが出来た。

けれどやはり金額的には少々高級なお醤油となってしまった。なので、次の年は醤油麹から自分で仕込むことにした。

 

これが私の醤油作りの始まりである。

さて、2年目。初めての醤油麹作りであるが、インターネットで調べに調べてみるが、醤油を麹から作る人はあまりいない。

しかも、若杉ばあちゃんの娘さん夫婦の醤油は好気性発酵であるが、調べて出てくるのは嫌気性発酵ばかりで仕込み方も全く違うのだ。当時、発酵初心者の私には訳が分からないまま、好気性なのか、嫌気性なのかもはっきりしないまま、その年はとにかく3回麹を仕込んでみた。

 

1回目は2月の終わりで、品温も35℃前後を保ち、うまく麹が緑色になったので、塩と水で醤油を仕込んだ。しかし、その後の気温の低さで発酵が上手く進まず、仕込んだ樽の中身はシーンとしていた。

2回目は3月に入ってから仕込んだが、こちらはなぜか品温が上手く上がらず、黄色くはなったが、緑色にはならなかった。麹自体が成りくさしのようであったが、こちらは嫌気性発酵させてみようと思い、空気が入らないようにして醤油を仕込んだ。その後、こちらも発酵が進まず、腐りもしなければ色も香りも変化しなかった。

 

その後すぐ、私が醤油を仕込み始めたと聞いた友人が、今神戸で醤油の映画をやっていて、おもしろかったと教えてくれた。その映画は「千年の一滴・だし、醤油」という映画で、ネットで調べてみると明日まで、となっていたので見に行くことにした。

内容は、日本人が千年の時をかけて醤油を作っていく中で、醤油麹菌が突然変異を繰り返し、そして、日本人が選別し続けた結果、アスペリギルスオリゼというとても強く美味しい醤油を作る菌に変化していった。そしてそのオリゼはニホンコウジカビといって、日本にしか存在しないという話だった。稲に付くアスペルギルスオリゼは、今では「病気」とされ、農薬をまかれるため、ほとんど見られなくなってしまった。昔の日本人は、その稲に付く黒いカビの塊を稲霊(イナダマ)といい、その菌を使って醤油麹を仕込んでいたのだ。

お酒を造っている寺田本家も、その米に付いたオリゼを蒸した米に振りかけ米麹を仕込んでいた。

そして、京都のお醤油屋さんは、「枯れ木に花を咲かせましょう~」と言いながら、蒸した大豆と麦にオリゼを振りかけながら、「醤油麹を仕込むのに適しているのは桜の花が咲く頃」と言った。

それを聞いた私は、ならばもう一度、と4月に入ってすぐに仕込むことにした。

ところが、4月の気温は20度前後。にもかかわらず、2月、3月に仕込んだ時同様に保温した醤油麹の品温がガンガン上がり、40度を超えてくる。あわてて保温の温度を下げても40度を優に超えるのだ。

醤油麹菌は40度を超えると死んでしまうと調べて知っていたので慌て、焦り、ついには保温を辞めたがそれでも麹は40度を下回らなかった。2日後、醤油麹はアンモニア臭を放ち、糸を引いていた。納豆になったのだ。

気温が20度にもなってくると、保温どころか冷ますくらいにしないといけないなんて、初心者の私には想像もできなかった。特に大豆は雑菌も好んで付きやすく、腐敗の危険性もある。素人判断で過度に保温してはいけないことは後から知ったことだった。

 

*春の豊かな食材

 

春、畑の冬野菜の大根やニンジン、アブラナ科の野菜達は塔立ちし始め、お花畑となるのだが、夏野菜が成り始めるまでは食材となる野菜が少なくなる。

 

春の野菜と言えばウチではアスパラ、スナップエンドウ、絹さや、ニラ、などで種類は少なく、そればかりでは飽きてしまう。

肥料分をほとんど入れないウチの畑では、春キャベツはあまり大きく巻かないし、新玉ねぎもジャガイモもあまり大きくはならないのでめったに植えないし、植えたとしても期待できない。夏野菜が成り始める6月頃まで、何を食べようかといつも考えるのだが、しかし意外と困ったことがない。

ここ淡路島は食が豊かな島で、4月になると野草や山菜などが出始める。筍は困るほど出てくるし、野蒜も美味しい季節だ。庭に植えたユキノシタも元気に大きく育ち、三つ葉やセリも沢山自生している。椎茸もいっぺんに出てくるから食べきれない。

↓ノビル

あく抜きなどの手間はあるけれど、蕗やイタドリもぐんぐん伸びてくる。取り放題だ。そしてお野菜も、地元の人達は農家でなくても沢山作っているから有り余った物を惜しげもなく分けてくださる。

↓新芽を食べるヤブカンゾウ

農家は農家で、規格外だから、と農協で受け付けられなかった野菜達が有り余り、処分に困る。B級品とはいえ、丁寧に育てたものなのに、惜しげもなく分けてくれるのだ。有りがたい事だ。

食料自給率は100%を優に超えている淡路島。ここには「食べ助けしてくれ」という方言のような言葉があって、食べきれなくて困っているから、食べるのを助けてくれ、とあげる方が貰う方に頼むという不思議な会話が交わされる。貰ってくれてありがとう、と言うのだ。

この「食べ助け」にいつも助けられ、野菜の少ない季節でも食べるものに困ったことがない。梅が欲しいと言うと梅がやってくるし、枇杷が欲しいと言うと枇杷がやってくる島なのだ。

スーパーにはなぜか、他府県のお野菜や加工品がたくさん並んでいるが、地元には溢れんばかりの海の幸、山の幸があって、まだまだ若い者には負けんぞとばかりに野菜や米を作るじいさんばあさんがいて、食も自然も人も、地域資源に溢れ、何とも豊かな島なのだ。

*ビワでお酢を作ろう①

6月になると、枇杷の実が色づき始める。

枇杷の木は大薬王樹と呼ばれ、民間療法や漢方の薬として昔から使われてきた。

枇杷の葉は大寒の頃(1/20~2/3)に採って乾燥させたものを焼酎に漬けて薬とし、

また枇杷の種は枇杷仁という薬となる。

初秋の葉っぱを干して煎じてお茶にしてもいい。

咳止め、抗炎症、健胃、利尿、抗菌などの作用があるし免疫力も上がる。

6月、枇杷の実をカラスがつつき出したら収穫時。彼らは一番美味しい時を知っている。

甘く熟した枇杷を見つけたら、カラスに負けじと収穫しよう。

たくさんの枇杷の実が手に入ったら、全部食べたいのをぐっと堪えて年に一度のビワ酢作ろう。

1、まず、取ってきたビワを軽く汚れを取りながら、

中の種を出す。

枇杷の皮には、酵母菌が棲んでいるので、あまりキレイに洗い流さなくていい。

痛んでいるところも取って、実と種に分ける。

種も後から使うので、処分せず取っておこう。

2、洗った実を味見して、甘さを確認してみる。

枇杷は品種によって甘みが全然違うし、

果実は熟している方が糖度も増すので、十分に熟している物を使う。

甘みが足りないようなら、酵母菌の餌となる糖分を足そう。

酵母が糖分を食べてアルコール発酵し、

そこに酢酸菌が入ってアルコールを食べて酢を作る。

糖度×1/2=アルコール度数 (糖度10%→アルコール5%)

アルコール度数×85%=酸度 (アルコール5%→酸度4%程度)

糖度が高いほどアルコール度数が増え、酸っぱさも増すことになる。

ただし、アルコール度が10%を超えると酢酸菌は入れなくなるから気をつけよう。

天然酵母もついているけれど、発酵を促すため、

少しだけイーストを足しておく。

小さじ1/2杯くらいかな。

3、手でぐちゃぐちゃとつぶす。

あとは、ほこりや虫が入らないように晒やガーゼなどを被せておく。

4、1週間ほどでアルコール発酵したあと、

(アルコール発酵の酵母は嫌気発酵するので混ぜないでよい)

空中浮遊している酢酸菌に入ってもらうため、(酢酸菌は好気性)

密閉せず、ガーゼや晒を被せたまま温かいところに置いておく。

酢酸菌は30度以上ある暖かいところを好む。

酸素を好み、液体の表面から菌膜を張り、

上から徐々にアルコールを酢に変えて行く。

混ぜると酢酸菌は死んでしまうから、混ぜないこと。

5、さらに1週間ほど置いておくと、酸っぱい臭いがしてくる。

味見して、お酢になっていたら出来上がっているので、

ザルと晒で絞り、液体とカスに分ける。

取っておいた種はホワイトリカーなどにつけておくと、色が茶色に変化してきて杏仁の香りのする杏仁酒になってくれる。

殺菌作用も強いので、風邪引きのうがいなどで使えるし、飲んでも美味しい薬用酒となる。

これからの暑い季節はゼリーなどの風味付けに使うと杏仁豆腐のようで美味しい。

もひとつおまけに

余った枇杷を半切りにして、種を取って、

 

ひたひたの味醂でごく弱火にかけ、30分ほど煮込んだら、

すっぱい枇杷も甘い杏のようになる、

枇杷の味醂コンフィチュールの出来上がり!

 

6、絞り以降は次回に。

ほうきもろこしの箒作り

箒を作るための「ほうきもろこし」という植物。

イネ科のたかきびに似た植物である。

3メートルを超える勢いで伸びたが、台風でも倒れず、

茎は竹のようになる。

秋、これを収穫して干した。

赤、黄、黒の実がたくさん付いている。

箒にするためには、この実を脱穀しなければいけない。

で、簡易千歯こぎ。

板の裏から釘を打っただけのもので十分取れた。

実を取ると、意外にほっそりている。

茎は太く、固いので、穂先だけを使うことにした。

 

穂先を切り取り、長さを揃えてイメージしてみる。

用意するのは、縛る糸。

 

 

穂先が気持ちよいのか、ごろごろする子。

 

 

何か?

 

長さを揃えた物を麻ひもでぐるぐる縛る。

 

2段目、少しずらしてまたぐるぐる縛る。

 

 

3段目、4段目とイメージしながらぐるぐる縛っていく。

 

 

 

穂先が斜めになっていくように。

 

 

最後に穂先と持ち手の所をきれいに切り揃えて出来上がり。

 

持ち手に皮ひもを付けたり、流木を差し込んでも

かわいい。